校友トピックス

令和元年度卒業時アンケート集計結果④

卒業時アンケートとは

本学では、2015(平成27)年から「卒業時アンケート」を卒業式開催日に実施しています。これは、学生の入学から卒業までの情報を収集・分析し、今後の教育に対する改善、新たな企画・立案することを目的とし、また学生の4(6)年間の追跡を検証する調査です。

アンケート集計結果:第4回(全4回)

今回は集計結果報告の第4回目、最終回。「4.その他/武蔵野大学の推奨度」について、報告します。

武蔵野大学就学に対する満足度・推奨度

【Q26】武蔵野大学での大学生活を振り返って、全体的に満足していますか。

【Q27】あなたの友人や家族が大学に行くことを検討していたら、本学を勧めたと思いますか。

「4.その他/武蔵野大学の推奨度」のアンケート結果

【Q26】では、83%の学生が武蔵野大学で学んだ4年間に「とても満足」「やや満足」と回答しています。

一方、【Q27】では進学先として友人、家族が大学進学を検討している際、武蔵野大学を「とても進めたい」「やや進めたい」と回答した学生は、52%に留まっています。推奨できない(「あまり思わない」「全く思わない」)卒業生の割合は、17%でおおよそ6人に一人の割合です。同じような傾向が、調査開始の2015年から続いています。

例えば、同じく卒業時に行う他大学調査を比べるとき、武蔵野大学と同じような傾向はあまり見られないものです。青山学院大では後輩などへ母校をお勧めする割合は9割(2013年調査)、法政大では卒業生の満足度は84%と本学と同レベルながら、進学希望者への母校推奨度は7割を超えます(2016年調査)。

なぜなのでしょうか。

これを厳しい結果として、大学は受け止めねばならないのだと思います。家族や友人に勧められない理由を卒業生の皆さんにしっかり聞きながら、いまの武蔵野大学に欠けているものを見極めねばならないのだと思います。このきっかけをつくるのは、やはり卒業生からの率直な声、母校への想いだと思います

ぜひ、次代の学生の募集につながる教育改善のために、データを見て気付いた点、要望をお気軽に寄せてください。(校友支援室:kouyu@musashino-u.ac.jp )

調査概要

  • 実施期間:令和2年3月9日~31日
  • 対象者 :武蔵野大学令和元年度3月卒業生
  • 調査方法:WEBアンケート、学科名・学籍番号入力
  • 集計人数:1,611名/1,860名
  • 回答率 :86.6%

卒業時アンケートでは、大きく次の4項目について調査しています。

  1. 大学・教育への満足度
  2. 卒業までに身についた能力
  3. 就職(進路選択)活動
  4. その他

コメントをもっと見る

コメントを残す

コメントを残す
コメント、名前(ニックネーム可)は公開されます。
いただいたコメントは承認後サイトに反映されます。また承認には数日かかる場合があります。
個人情報や知られてはいけない内容、差別的な内容や誹謗中傷は入力しないよう、お気をつけください。

コメント

名前

メールアドレス※メールアドレスが公開されることはありません。