校友トピックス

令和4年4月の聖語

静謐の聖語板に見出してきたこと

有明キャンパス正門、武蔵野キャンパス正門・北門に設置されている「聖語板」を覚えていますか?
先人のことばを月替わりに掲示しています。
在学時、何気なく見過ごした言葉、瞬時に腑に落ちた言葉、場面を具体的にイメージできる一文、また、思わずその意味を自身に問い掛けた経験はありませんか。
そして、1カ月間、朝に夕に目することで、じっくりと心に沁みこんでくる言葉がありませんでしたか?
今も変わらず、「聖語板」は学生に、教職員に、大学を訪れる人に静かに語りかけています。

4月の聖語

ここに学ぶとはじめて立ちし校庭の 花の四月の 初心忘るべからず

土岐善麿

今月の聖語は、本学の前身で1965年に設立された武蔵野女子大学の日本文学科初代主任教授であった土岐善麿先生の歌です。この歌を読み解く手がかりとしておすすめなのが、「学科長から令和元年、2年度卒業生に贈る言葉」の日本文学文化学科長、岩城賢太郎先生によるメッセージです。岩城先生の授業を受けたことがある方は聞き覚えがあるかもしれませんが、この歌に対する深い理解や土岐先生への敬慕などを織り交ぜた言葉が綴られています。ぜひご一読ください。

関連リンク:学科長から令和元年、2年度卒業生に贈る言葉

さて、毎年4月の聖語板を飾っているこの歌は、かつて土岐先生が「学院報」に寄せていた歌をまとめた『むさし野十方抄』に収められています。若草色の歌集を手に取ってみれば、キャンパスの多様な情景を詠んだ歌の数々が、今なお瑞々しい輝きを放っています。春を詠んだ歌が多いのは、武蔵野キャンパスの春が印象的だったからでしょうか。ここにいくつかご紹介します。

 新しく ともに四月の春を待つ 縁起とはかかる 心ゆらぎか
 このいのちこのひかりこそわれらのもの 春はいま武蔵野に 学園にあり
 うなずきて校舎へいそぐ若きらに 譲りつつゆく 若葉の道を

土岐先生の人物像や作品に興味がある方は、むさし野文学館の特集ページをご覧ください。今はもう土岐先生の授業を受けることはかないませんが、その魅力を再発見する機会になればと思います。

関連リンク:土岐善麿の世界 | オンライン常設展示 | むさし野文学館

<参考文献>
土岐 善麿(1977)『むさし野十方抄』、蝸牛社、pp6-7。

土岐 善麿(とき ぜんまろ)
1885年~1980年(明治18年~昭和55年)。東京府東京市浅草区浅草松清町(現・東京都台東区西浅草一丁目)生まれ。
歌人・国文学者。新聞記者として活躍する傍ら、1910年にローマ字による3行書きの歌集『NAKIWARAI』を刊行。1913年『生活と芸術』を主宰。国語審議会会長、日比谷図書館館長などを歴任。1947年『田安宗武』で学士院賞を受賞。1955年紫綬褒章を受章。1965年に開設された武蔵野女子大学文学部日本文学科の初代主任教授に就任。1979年まで14年にわたって教鞭を執る。40冊近くの歌集を出版。石川啄木や若山牧水など、多くの文学者と親交を持つ。

コメントをもっと見る

コメントを残す

コメントを残す
コメント、名前(ニックネーム可)は公開されます。
いただいたコメントは承認後サイトに反映されます。また承認には数日かかる場合があります。
個人情報や知られてはいけない内容、差別的な内容や誹謗中傷は入力しないよう、お気をつけください。

コメント

名前

メールアドレス※メールアドレスが公開されることはありません。