校友トピックス

令和4年3月の聖語

静謐の聖語板に見出してきたこと

有明キャンパス正門、武蔵野キャンパス正門・北門に設置されている「聖語板」を覚えていますか?
先人のことばを月替わりに掲示しています。
在学時、何気なく見過ごした言葉、瞬時に腑に落ちた言葉、場面を具体的にイメージできる一文、また、思わずその意味を自身に問い掛けた経験はありませんか。
そして、1カ月間、朝に夕に目することで、じっくりと心に沁みこんでくる言葉がありませんでしたか?
今も変わらず、「聖語板」は学生に、教職員に、大学を訪れる人に静かに語りかけています。

3月の聖語

「我々が努力して成し遂げたものは
そのままで終わりを告ぐべきものと思ふのは間違いである
この後に成すべきものの第一歩である」

高楠順次郎

今月の聖語は本学院の学祖高楠順次郎博士の言葉です。卒業式や修了式など、学業の節目となる行事を迎えて安堵しがちなこの時期、時を超えた高楠博士からのエールとして受け止めると、身の引き締まる思いがします。

近年、3月の聖語板にはこの言葉が掲げられています。最近ご卒業された方は、目にしたことがあるのではないでしょうか。

毎日やることが多すぎていっぱいいっぱいだった実習、先が見えずに焦燥感に駆られながら仕上げた卒論、人生で一番緊張した口頭試問…。

卒業後に振り返ってみて、学生時代に成し遂げたことは、就職先や進学先など、みなさんの次のステージに何らかの形でつながっていたのでしょう。卒業後すぐには実感ができなくても歳を重ねていくうちに、だんだんとつながりが見えてくるかもしれません。

「この後に成すべきものの第一歩」。みなさんはその一歩を確実に刻んでいますか。

高楠 順次郎(たかくす じゅんじろう)
1866年~1945年(慶応2年~昭和20年)。広島県御調郡八幡村字篝(現・三原市)生まれ。
国際的仏教学者。仏教精神を根幹とした人格育成を理想に掲げ、武蔵野大学の母体である武蔵野女子学院を設立。女子教育の必要性と女性の社会進出を肯定的に考えた先覚者でもある。1944年文化勲章受章。

出典:学祖 高楠順次郎 | 武蔵野大学[MUSASHINO UNIVERSITY]

コメントをもっと見る

コメントを残す

コメントを残す
コメント、名前(ニックネーム可)は公開されます。
いただいたコメントは承認後サイトに反映されます。また承認には数日かかる場合があります。
個人情報や知られてはいけない内容、差別的な内容や誹謗中傷は入力しないよう、お気をつけください。

コメント

名前

メールアドレス※メールアドレスが公開されることはありません。