校友トピックス

令和3年6月の聖語

静謐の聖語板に見出してきたこと

有明キャンパス正門、武蔵野キャンパス正門・北門に設置されている「聖語板」を覚えていますか?
先人のことばを月替わりに掲示しています。
在学時、何気なく見過ごした言葉、瞬時に腑に落ちた言葉、場面を具体的にイメージできる一文、また、思わずその意味を自身に問い掛けた経験はありませんか。
そして、1カ月間、朝に夕に目することで、じっくりと心に沁みこんでくる言葉がありませんでしたか?
今も変わらず、「聖語板」は学生に、教職員に、大学を訪れる人に静かに語りかけています。

6月の聖語

私のものさしで 問うのではなく 私のものさしを 問うのです

今月は作者不明の名もなき名言、法話でしばしば耳にする言葉です。

普段、無意識のうちに「私のものさし」で物事をはかっていることがありませんか?「有名だから偉い」「高いものはよいもの」など。しかし、さほど有名ではなくても立派な人物は大勢いますし、安くてよいものは山ほどあります。

「私のものさし」は今までの経験などから作り上げられたものですが、そのものさしは本当に正しいのでしょうか。その目盛りは何をはかっても正確とは限りません。また、他者のものさしと異なった場合、その違いを歯がゆく感じることもあります。

ここでいう「ものさし」を「価値観」と置き換えるとどうでしょう。思わずはっとさせられるものがあります。

今日、社会環境の変化により価値観は多様化しています。そんな中で身分や地位に関係なく、自分の価値観を常に問い直す姿勢は、自分を成長させていく上で大切になっていくのだと思います。

コメントをもっと見る

コメントを残す

コメントを残す
コメント、名前(ニックネーム可)は公開されます。
いただいたコメントは承認後サイトに反映されます。また承認には数日かかる場合があります。
個人情報や知られてはいけない内容、差別的な内容や誹謗中傷は入力しないよう、お気をつけください。

コメント

名前

メールアドレス※メールアドレスが公開されることはありません。