校友トピックス

2019年5月21日「同慶節」を振り返る|あの時、あの頃 武蔵野ヒストリア

5月21日は、本学にとって二つの慶事が重なった大切な日です。

本学が築地本願寺境内に創設された創立記念日、そして浄土真宗宗祖である親鸞聖人がお生まれになった日となります。これらの慶事をお祝いする行事が「同慶節」で、2020年は新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響に伴い中止となり、2021年はオンラインによる法要の配信となりました。

2019年5月21日の同慶節は、5月1日に元号が切り替わって令和初となる式典で、武蔵野キャンパス第一体育館にて厳かに行われました。生徒による献灯・献花・献香や、中高全生徒、全学教職員が一堂に会する光景は、はるか遠い日の出来事のように感じられます。

武蔵野大学は、2024年に創立100周年を迎えます。

それまでに、2019年の同慶節のように大勢の人々が集い、盛大に式典を挙行できることを願うばかりです。

関連リンク:「同慶節」の式典を行いました

コメントをもっと見る

コメントを残す

コメントを残す
コメント、名前(ニックネーム可)は公開されます。
いただいたコメントは承認後サイトに反映されます。また承認には数日かかる場合があります。
個人情報や知られてはいけない内容、差別的な内容や誹謗中傷は入力しないよう、お気をつけください。

コメント

名前

メールアドレス※メールアドレスが公開されることはありません。